<   2007年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧
円錐形(えんすいけい)
島へ着いた翌日から強い風が出て、後三日にわたって吹いて吹き捲(まく)った。雨も時々まじったが、何より風の強さに驚いた。島の人に訊(き)くと、こんな風ならしょっちゅうだと言う。もっとひどいときのはどんなだろうと思った。
 僕の着いた日は、海にうねりこそあったが、穏かなうす曇りで、船から望んだときの三宅島はその火山島らしい円錐形(えんすいけい)の半ばの高さから下方は淡緑色に蔽(おお)われて、陸へ上るとすぐ、そこは黒砂のあまり大きくない浜で、そこから三十メートルぐらいの断崖(だんがい)についている急な坂路を上って、ゆるやかな傾斜地を走っているやや広い路に出たとき、あたりの土手にたくさんある灌木(かんぼく)はもう若々しい広い葉っぱを出しているし、路の両わきの木々も、それからところどころの樹の間から眺望(ちょうぼう)されるなだらかな山裾、それはしだいに盛り上って向うに島の中心をなす雄山(おやま)の柔かいふくらみが眼を惹(ひ)きつける、そこら一帯の榛(はん)の木の疎林(そりん)、あたりの畑地にもいっせいに新芽をふきだしているのを見て、僕はいきなり春の真中へとびこんだような気がしたものだ。
[PR]
by i000148 | 2007-03-11 16:56