<   2006年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧
アルヤン・ロッベン
 「世界最高のウィンガーは誰か?」
 そう問われたら、多くの人がオランダ代表の左ウィングを挙げるに違いない。
 アルヤン・ロッベン。
 才能あるアタッカーを多数抱えるオランダにおいて、不動の存在だという事実を見れば、彼の実力がいかほどか分かるはずだ。

 ロッベンの名はオランダでは早くからとどろいていた。フローニンゲン在籍時に16歳の若さでデビューを果たすと、2002年にPSVに移籍。12ゴールを挙げ、国内最優秀若手選手賞を受賞した。PSVで数々の経験を積んだのち、2004年にはチェルシーに加入。16試合で7得点をマークし、リーグ制覇の原動力となった。代表デビューは2003年のポルトガル戦。ポジションを確立したのはEURO(欧州選手権)2004だった。
 ロッベンの長所は代表で求められるウィング像にマッチしている。攻撃的な4-3-3システムで求められるのは、何を置いても突破力にほかならない。たとえふたりの敵に囲まれても、ひとりで打開することができなければウィングは務まらないのだ。

 彼の最大の特徴は一瞬にして相手の逆をとり、ボールをちょこんと突いてかわすテクニックにある。また、左サイドから中央に切れ込んで、逆サイドにシュートを沈めるテクニックも持っている。対峙(たいじ)する相手にしてみれば、縦を切ればシュートを打たれ、なかをケアすればタッチライン際を独走される。敵に回すと厄介極まりないが、ファン・バステン監督にとってこれほど心強い選手はいない。
 22歳とチームのなかでは若手の部類に入るが、精神的な強さも備えている。EURO2004準々決勝のPK戦では、居並ぶベテラン選手を差し置いて、6人目、つまりサドンデス1番手のキッカーを任された。そして、プレッシャーを受けながらも、オランダの準決勝進出を決める一撃を冷静に沈めた。チームは続く準決勝で敗れたが、大会を通じてロッベンここにありを広くアピールした。
 満を持して臨むドイツワールドカップではどんなプレーを見せてくれるのか。おそらくそれは、右肩上がりで刻んできたキャリアを象徴するハイパフォーマンスになるだろう。

 オランイェの背番号11から目を離すことなかれ―――。
[PR]
by i000148 | 2006-05-29 18:16
ハレ・ボルヘッティ
 テンポよくパスを回し、相手を崩していくメキシコ。3大会連続で決勝トーナメントに進出している“北中米の雄”をけん引するのが、“空の支配者”ハレ・ボルヘッティである。

 ボルヘッティは183cm、72kgとFWとしては体格に恵まれているわけではないが、空中で彼を封じ込めるのは至難の業だ。その理由は、類いまれな跳躍力と、優れたポジショニングを誇るから。上半身が強く、ヘディングシュートは破壊力があり、コースをねらい分けることもできる。DF、GKにとっては何とも厄介な相手だ。

 代表デビューを飾ったのは、1997年2月のエクアドル戦。1998年ワールドカップフランス大会ではメンバーから漏れたが、2002年ワールドカップ日韓大会予選でエースストライカーとしての地位を不動のものにする。そして2005年8月、コスタリカ戦で通算36ゴール目を奪い、メキシコ代表最多得点記録を更新した。

 大舞台に強いのも、ボルヘッティの特徴だ。2005年コンフェデレーションズカップでは、4試合で3ゴールをマーク。そのすべてをヘディングで奪い、大会ベストイレブンに選出された。また、2006年ワールドカップドイツ大会予選は14試合に出場し、同地区最多の14得点。予選1戦目から5試合連続ゴールを奪うなど、メキシコに3大会連続13回目の出場権をもたらした。

 2005年夏にはボルトンに移籍し、メキシコ人として初のプレミアリーグ参戦を果たす。だが、ペースの早いサッカーになじめず、ベンチスタートが多かった。それだけに、ワールドカップへの意気込みは並々ならぬものがある。

 メキシコはショートパスをつなぎつつ、前線に預けてから2列目の飛び出しやサイドへの展開で崩していくスタイル。空中戦とポストプレーを得意とするボルヘッティにとって、最も持ち味を発揮できるチームだ。ボルトンで不遇のシーズンを過ごしたメキシコのエースストライカーは、ドイツの地で“真の姿”を見せてくれるはずだ。
[PR]
by i000148 | 2006-05-29 18:15